てんかんには脳に傷がつくことで発生するケースと遺伝的なケースがあります。てんかんは発作を繰り返し発症してしまう病気で年齢や性別などに関係なく発病してしまいます。てんかんの中には現代医学では原因が解明されていないものもあり不安になりますが、てんかんの治療薬は確かに存在するので一度調べてみましょう。

持たれるたくさんの薬
  • ホーム
  • てんかん治療薬ラミクタールの効果と副作用について

てんかん治療薬ラミクタールの効果と副作用について

茶色と黄色カプセル

ラミクタールはラモトリギンなどと同じ抗てんかん薬の一種です。
精神科領域においては主要な治療薬の1つであり、気分の高揚を抑える効果や気分の落ち込みを持ち上げるといった効果が期待できます。
てんかんの治療や予防のためにラモトリギンではなくラミクタールを使いたいという場合、その効果や副作用について知っておくと良いでしょう。

ラミクタールには、赤ちゃんに奇形が発生するリスクが少ないというメリットが挙げられます。
主要な気分安定薬には奇形のリスクがあるため、妊娠中の人などは基本的に使用できません。
また、妊娠の可能性がある若い女性に対しても処方しにくいことがありました。
しかし、ラミクタールは奇形のリスクがないとされており、女性でも安全に服用することができます。

ラミクタールは副作用のリスクを減らすため、少しずつ薬の量を増やしていくことになります。
そのためなかなか効果が出ないこともあるでしょう。
また、気分安定薬の中にはこの薬と相互作用するものがあるため、併用には注意が必要となっています。
効果が強くなりすぎてしまいますし、ドクターに相談しながら服用することがポイントです。

薬の効果をすぐに実感したいという人もいるかもしれません。
しかし、ラミクタールを急激に増やすと重篤な副作用のリスクが高まってしまいます。
安全にてんかんの治療や予防をしたいという場合、用法用量をきちんと守るようにしましょう。

ラミクタールはどんな服用方法をしても効果が得られると言われています。
水と一緒に飲んでも良いですし、かみ砕いて飲んでも良いということです。
飲み方が特に決まっていないため、子供のてんかん治療薬として利用しやすいというメリットがあります。

ラミクタールは基本的には安全な薬ですが、用法用量を守らないと重篤な副作用が生じることもあると言われています。
主な副作用としては発疹や頭痛、眩暈などが挙げられます。
気になる症状に気づいたらドクターに相談してみましょう。

ラミクタールは双極性障害の治療にも使われる

ラミクタールは一般的には抗てんかん薬として知られていますが、双極性障害の治療のために使われることも多いです。
双極性障害は気分の浮き沈みを繰り返すという病気であり、何らかの脳の機能的な異常が原因と考えられています。
なぜこのような異常が発生するのかはよく分かっていませんが、ラミクタールを服用することで症状を抑えることに繋がります。

双極性障害の治療のためにラミクタールを使用する場合、時間がかかってしまうという欠点があります。
この薬は急激に量を増やすと副作用のリスクが高まってしまうため、少しずつ量を増やしていく必要があるのです。

ラクミタールの最大の量は400mgとなっていますが、この量まで増やすためには早くても2ヶ月かかってきます。
しかし、実際には100mg以下でも十分な効果が得られることは多いです。
気分安定薬には抗うつ作用を持つものが少ないため、双極性障害のうつ症状を改善したいという場合、ラミクタールがかなり有効であると言われています。

双極性障害では患者の症状に合わせてさまざまな薬が使われることになります。
ラミクタールは双極性障害だけでなく、発達障害や統合失調症のうつ状態の改善にも効果があると言われています。
発達障害や統合失調症なども脳に何らかの異常が発生していることが多く、双極性障害のうつ状態と共通する部分が多いとされています。

ラミクタールは双極性障害やてんかんの治療に高い効果が期待できることはもちろん、副作用のリスクが少ないことも人気の理由です。
奇形のリスクも少ないですし、双極性障害やてんかんなどを安全に治療したい場合や他の薬の副作用が気になる場合、この薬を処方してもらうと良いでしょう。